予防歯科|岐阜県大垣市 歯医者 早野歯科医院

予防歯科

これからは予防の時代

予防歯科 これまでの歯科は、「すでに進んでしまった病気を治そうか」ということばかりに取り組んできました。

今、そういった医療のあり方が反省期に入ろうとしています。

「何が原因で悪くなったのか」
「それを防ぐためにはどうしたらいいのか?」
良く考えてみましょう。

PMTC

PMTCって何?

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略。
患者さんがホームケアでコントロールしにくい部分を、プロの手によって隅々まで機械的に清掃する方法です。

予防歯科

PMTCってどんな効果があるの?

予防歯科 一言で言えば、歯の治療ではなく、予防です。むし歯や歯周病から歯を守るために、毎日の歯みがきはとても大切です。

しかし、自分では意外にみがき残しが多いものです。このみがき残しがむし歯の原因となるのです。

これまでの歯科医院では早期発見・早期治療が大切でしたが、これからは予防することの方が大切になります。

健康な歯でいるため、白く輝く歯でいるために、PMTCをオススメします。

当院では、むし歯や歯周病の治療中から治療終了後のメンテナンス時に、PMTCを実施しております。ブラッシング指導の時間も含めて、30分くらいで終了します。

傷みは全くなく、終了後は歯もツルツルで爽快感が味わえます。
一度体験されては。

むし歯

むし歯って治したはずなのにどうしてまたなるの?

 

予防歯科 むし歯の原因は歯垢(プラーク)の中に居る、ミュータンス菌などの細菌です。

ですから、歯垢が100%除去されていれば、むし歯には絶対なりません。しかし、それは不可能なことです。

また、歯垢を除去するには、特殊な薬を付ければ、化学的にとれてしまうというようなものはありません。機械的に除去するしかないのです。

その方法として、重要な役割を果たすのが、毎日のブラッシング(歯みがき)です。しかし、いくら頑張って歯みがきをしても、100%歯垢をとることはできません。必ず残っています。

しかも残っている場所は磨けない場所ですから、同じ場所に歯垢がずっと残りっぱなしになっている訳です。

原因が残りっぱなしになっていれば、結果として時期が来ると病気が発生、つまり、むし歯になるのは当然のことと言えます。

自分で行う歯みがきだけでは、むし歯を予防することは不可能ですが、歯医者さんと協力して、メンテナンス(管理)を実施していけば、むし歯を防ぐことは可能です。

むし歯って食べカスが原因なの?

 

予防歯科 むし歯ができるのは単一の原因ではなく、口の中の細菌、糖類の摂取、歯の質や唾液の性質が複雑にからみ合って発生します。

しかし、直接むし歯を起こすのは、歯垢(プラーク)の中の細菌です。

歯垢(プラーク)という言葉は、みなさんも聞いたことがあると思いますが、何となく、食べカス、磨き残しといったイメージではないのでしょうか?

そうではなく、歯垢とは、口の中のあらゆる細菌が、歯の表面に集団を作って、棲みついている状態。細菌の巣というか、いわゆる細菌バイオフィルムなのです。

イメージとしては、細菌たちが歯の表面にテントを張って、自分たちの住み易い環境を作り、そこに居座って、どんどん繁殖していくという感じですね。

歯垢の中には口の中のあらゆる細菌が居ますが、その中に、ミュータンス菌など、むし歯の原因になる菌はむし歯を引き起こし、歯周病の原因になる菌たちが、歯周病をひき起こすのです。

つまり、口の中の病気の原因は、歯垢(の中に居る細菌)ということができるでしょう。

お問い合わせや初診WEB予約はこちらから
  • 早野歯科医院、tel:0120-86-8148
  • 24時間かんたんWEB予約 お問い合わせ・各種相談会
お問い合わせや初診WEB予約はこちらから
早野歯科医院を探索しよう