自費の被せ物 | NO:4123 | 大垣市の歯科・早野歯科医院のブログ

自費の被せ物

みなさま、こんにちは。
大垣市の歯医者 早野歯科医院 歯科助手の西川です。

コロナというウイルスが世界中に広がり、世の中の風景が一変しました。
こんな事が起こるなんて…ついこの前までは想像もしていなかったです。
1日も早い終息を願っています。

さて、引き続き被せ物について、そして今回は自費のものについてのご案内いたします。

⭐︎自費の被せ物⭐︎

①メタルボンド硬質レジン前装冠と同じく、内側は金属で出来ていて、表面はセラミックです。
被せ物の内側の金属が、ハグキに近い所に少し金属が見えていますが白いセラミックで覆われていて白く綺麗です。
セラミックは何年経っても色が変化することがなく、本物の歯に近く、表面が透明色で覆ってあり、自然な歯に近い仕上がりになっています。


②オールセラミックcrオールセラミッククラウンとは、全てセラミックで作られています。
そのために、メタルボンドより、自然な歯に近い仕上がりです。
★重要★金属を使わないため、金属アレルギーのある方でも安心できます。


③セレッククラウン/インレーセラミックで作られた被せ物、詰め物です。セラミックで作っているため、見た目が自然な仕上がりです。


④ゴールドクラウン/インレー金歯は、セラミックのように硬くありません。
しかしながら、見た目はセラミックにかないません。
しかし、銀歯よりは目立ちにくいですね。
実は、セラミックはたいへん硬いです。
歯と同じくらい、いえ、それよりも硬いという性質を持っています。
セラミックと違い、金は軟らかい金属なので少々強く噛み合わせても、咬み合わせた歯が欠けるおそれがありません。
★重要★食いしばったり、歯ぎしりをしたりするくせがある方でも大丈夫です。
金はアレルギーの原因にならない安全性の高い素材ですが、念のためアレルギーのある方はそれでも相談して頂きたいですね。

⑤ジルコニアセラミックcrメタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用。
★重要★金属を使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。
強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも出来ます。


歯の被せ物は、保険診療と自費診療があります。
保険診療は、銀歯ですが、しっかり噛めますし、銀歯だからといって、虫歯や歯周病になりやすいとかいう事はありません。
自費診療は、被せ物を長く使いたい方、見た目を重視される方やアレルギーのある方にもお勧めします。
当医院では、患者様のお口の状態を見させて頂き、その方に1番あった詰め物、被せ物をお勧めしております。
お気楽にご相談下さい。お待ちしております。

**********************************************

早野歯科医院

〒503-0034 岐阜県大垣市荒尾町1813-25

電話番号:0584-91-2468 フリーダイヤル:0120-86-8148

WEBSITE:http://www.hayano-dental.com/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/hayanodental/

診療時間:月曜~土曜 9:00~12:00 14:00~18:30

**********************************************

この投稿へのコメント


お問い合わせや初診WEB予約はこちらから
  • 早野歯科医院、tel:0120-86-8148
  • 24時間かんたんWEB予約 お問い合わせ・各種相談会
お問い合わせや初診WEB予約はこちらから
早野歯科医院を探索しよう