妊娠期に大切な口腔ケア

みなさま、こんにちは。
大垣市の歯医者 早野歯科医院 歯科衛生士の井関です。

今回は、妊娠中の口の中のケアについてお話します。



みなさんは、赤ちゃんの歯はいつごろから作られるかご存知ですか?
実は、お母さんのおなかにいる時から作られ始めるのです。

一般的に約7週目から乳歯の歯の芽ができて、妊娠5~7か月くらいから少しずつ石灰化が始まり、生まれるころには乳歯が完成し、生える準備はすでにこの段階からできていると言われています。

そのため、妊娠中に食べたものが赤ちゃんの歯の質に大きく関わってきます。
では、赤ちゃんの歯を丈夫にするには具体的に何を食べればいいのでしょうか?
歯の栄養にはカルシウムだけでなく、たんぱく質・リン・ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランスよくとることが大切です。
歯の基礎をつくるたんぱく質(あじ、卵、豆腐、牛乳)、歯の石灰化を助けるカルシウムとリン(卵、豚肉、牛肉、チーズ、ひじき)、歯のエナメル質をつくるビタミンA(にんじん、ホウレンソウ、レバー、豚)、カルシウムの代謝や石灰化に影響するビタミンD(牛乳、バター、卵黄)、歯の象牙質を作るビタミンC(ほうれん草、サツマイモ、みかん)などが挙げられます。

もちろん、バランスの良い食事だけでなく、適度な運動も忘れないようにしてくださいね。
また、妊娠中の方からよく聞かれる質問で、「お母さんが虫歯になりやすいと赤ちゃんも虫歯になりやすいですか?」というものがあります。
遺伝的なものも確かにありますが、それよりも環境に左右されることの方が多いです。
家庭での飲みもの、おかしの与え方や歯磨きなどが赤ちゃんの虫歯を作ってしまいます。
さらに、虫歯菌はお母さんから赤ちゃんに移ってしまうことが多いので、妊娠中にお母さんの食生活のみなおしを行い、赤ちゃんが生まれてから困らないようにしたいものですね!

**********************************************

早野歯科医院

 

〒503-0034 岐阜県大垣市荒尾町1813-25

 

電話番号:0584-91-2468 フリーダイヤル:0120-86-8148

WEBSITE:http://www.hayano-dental.com/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/hayanodental/

診療時間:月曜~土曜 9:00~12:00 14:00~18:30

**********************************************

FacebookTwitter

関連記事

最近はまっているもの☆
ブログ2014.08.20

最近はまっているもの☆

X’masにむけて♪
ブログ2013.12.06

X’masにむけて♪

新米パパ・ママ必見!妊娠中に増えるお口のトラブル
ブログ2021.11.05

新米パパ・ママ必見!妊娠中に増えるお口のトラブル

イベント♪
ブログ2011.03.07

イベント♪

二次むし歯の原因
ブログ2021.01.04

二次むし歯の原因

エンドレス★サマー
ブログ2010.08.26

エンドレス★サマー

初診限定 24時間簡単WEB予約